制作実績

演劇集団キャラメルボックス

04_caramelbox-04 04_caramelbox-01 04_caramelbox-02 04_caramelbox-03

脚本よりも先に出来上がるポスターは、作品の世界観をいち早くお客様に届ける「プロローグ」のようなもの

想い

演劇のポスターは、多くの場合、脚本完成よりも先に制作されます。原作などが存在する場合もありますが、まだ作家の頭の中だけにしかないストーリーを探しながらグラフィックを制作することになるケースも珍しくありません。

けれど、その向こうには必ず、やがてくる作品の世界があります。作家の想い、劇団のカラーやヒストリー、出演者の持っているキャラクター、待っているお客様の期待、そんなものを結晶させた物語が数カ月後には必ず生まれる。

舞台のポスターを作るというのは、その作品とお客様の最初の接点。
作品のプロローグを作るようなものなのです。

カタチ

作家やスタッフの方とのミーティングに始まり、限られた時間と素材の中で、何度も提案を重ねて、その「届けたい想い」を探り、生み出す。
演劇のポスターづくりは、そんな作業の繰り返しです。
答えの見えない作業なだけに苦労することも多いですが、「ラブレターの代筆屋」としては、とても挑戦し甲斐のある仕事です。

数カ月後、劇場に足を運び、お客様が満足げに舞台のフライヤーやパンフレットを胸に抱えて劇場をあとにするのを見たとき、それが僕たちのクリエイティブが完成する瞬間なのです。

Date
2016-2019
Client
演劇集団キャラメルボックス
Creative Director
徳永健
Designer
徳永健
Photographer
たかはしじゅんいち 原哲也
Illustrator
中村至広