メンバー

徳永 健

徳永 健Ken Tokunaga

代表取締役、クリエイティブ・ディレクター、ご当地かるたプロデューサー

20歳で劇団主宰。作、演出、出演、宣伝デザインを担当し、20代は演劇に明け暮れて生きる。この時期に「感情移入」「複数視座」「お客さんに届ける」を学ぶ。
30代はフリーランスのマルチ・クリエイター(イラストレーター、ライター、小説家、脚本家、映像ディレクター、グラフィックデザイナー、ウェブデザイナーなど…)として生きる。「表現スキル」「想いを翻訳してカタチにするスキル」を学ぶ。
41歳で株式会社クラウドボックスを設立、クリエイティブ・ディレクター兼代表取締役として生きる。2019年『吉祥寺かるた』というご当地かるたを制作。「愛のあるコミュニティを育てるプラットフォーム」としてのご当地かるたの魅力に目覚め、「ご当地かるたプロデューサー」を肩書に加える。

著書に小説『僕が神になったとき(小学館)』、挿画担当『ぼくはきみのおにいさん(角田光代・河出書房新社)』で坪田譲治文学賞、『ミラクルファミリー(柏葉幸子・講談社)』で産経児童出版文化賞・フジテレビ賞、『江戸っ子カラス』(那須正幹・くもん出版)で産経児童出版文化賞受賞。
東京都杉並区出身。好きな言葉は「いきあたりばっちり」。座右の銘は「流水不腐」。

佐藤 小林

佐藤 小林Kobayashi Satoh

副社長、サウンドデザイナー

これが本名。珍しくないもの同士でもかけ合わせ次第でイノベーションが起きるということを名前で体現している稀有な男。名前の珍しさだけでNHKが会社に取材に来るレベルで、会社に届く郵便物は「佐藤様・小林様」と連名で届くのがデフォルトである。
ミュージシャンとしても活動中で、また仕事の上でも副社長、ウェブディレクター、サウンドデザイナーと複数の顔を使い分けている。
大阪府出身、三重県育ち。

園田 理明

園田 理明Masaaki Sonoda

デザイナー、アートディレクター

口数が少ないのはデザインアイディアが熟成中のサイン。クリエイティブの出番になったときにはすごい集中力で遊び心満載のデザインを繰り出してくる。
高校時代は甲子園を目指す高校球児。体育教師になるべく日体大を卒業するも、そこからデザイナーになろうと思い立ち方針変更、1年間アルバイトをしてデザイン学校に入り直したという経歴を持つ、とにかくなんでもインプット時間が長めの男なのである。
群馬県桐生市出身。

竹野 恭子

竹野 恭子Kyoko Takeno

ワードデザイナー、ライター

デザインを言葉で支えるワードデザイン部分を担当。エモーショナルな言葉を繰り出す執筆中の眼光は鋭いが、美味しいものを目の前にするとすぐご機嫌顔になるというお茶目な一面ももつ。
大学卒業後すぐにOL劇団を旗揚げし、すべての作品の脚本・演出を担当。その後、印刷会社、マーケティング会社、広告代理店などを経て、クラウドボックス入社。社長の徳永とは演劇時代からの長い付き合い。
群馬県太田市出身。

風間 咲笑

風間 咲笑Sakie Kazama

デザイナー

趣味はテニスと掃除。一見、クールな印象だが、内側にはアツアツの情熱とキラキラのファンタジーが渦巻いている。
中学〜高校の成績はほぼオール5というとんでもない優等生だったにも関わらず、小学生のときに描いた「デザイナーになる」という夢を貫くためにデザインの専門学校に進学、クラウドボックスに入社したという一途さも持ち合わせる。見たい映画は初日に見に行くタイプ。
神奈川県相模原市出身。

徳永 路子

徳永 路子Michiko Tokunaga

総務・労務・経理

「花」と「雪」という、クラウドボックスの癒やし担当のチワパピ社員(チワワとパピヨンのミックス犬)のマネージャーも担当している。
茨城県下妻市出身。